生活雑貨販売、ライフスタイルショップのハンプティーダンプティー(前橋市青柳町)と、イタリア料理チェーン「シャンゴ」(高崎市問屋町)は、同店のミートソースをレトルト化した新商品=写真=を共同開発した。

 ハンプティー全店で28日から開催する「群馬フェア」でお披露目し、両社の店舗で販売していく。さらなる販路拡大も検討する。

 レトルト食品製造を手掛ける、にしき食品(宮城県岩沼市)が協力した。ソースのレシピや味はシャンゴが監修し、パッケージデザインと販売戦略はハンプティーダンプティーが担当した。

 着色料や香料などを使わず、およそ1年間かけてシャンゴ風のミートソースに仕上げた。価格は380円。ハンプティーダンプティーの担当者は「群馬の伝統の味を贈り物にしてほしい」と勧めている。

 創業40周年目を迎えた同社は、今後も県内企業と連携した商品開発を進めるなどして、本県の魅力を発信していく方針だ。