▼短歌はわずかな心の動きを表現するのに適した文芸だ。新型コロナウイルスの感染拡大で暮らしの足元が揺らぐ中、上毛歌壇にはたくさんの作品が寄せられた

 ▼〈何時何処で予期せぬ何が起るかを突き付ける如コロナウイルス〉篠原水鈴。中国・武漢で原因不明の肺炎が確認されたのが昨年末。人を介して瞬く間に世界中に広がった

 ▼店頭からマスクが消え、入手困難になった。〈迫り来るコロナウイルスにおののきてマスク求めて街さ迷ひぬ〉川岸輝男。トイレットペーパーも風評で買い占められ、業界団体が「在庫は十分」と訴えたが、声は届かなかった

 ▼疑心暗鬼も広がった。〈咳払いしても振り向く群衆のマスクの仮面に恐れおののく〉桜井覚。県内でも患者は増え、医療現場は逼迫した。〈コロナへの感染リスク口にせで診療続けるの身を案ず〉野口啓子。医療従事者に感謝する青い光が全国にともった

 ▼「3密」を回避する新しい生活様式が日常に。〈二メートル妻と間をおき散歩するいつもの道をつかず離れず〉岡田忠重。人口密度の高い都会ではなく、地方が見直されるようになった

 ▼街に人の姿が戻りつつある今、ともすれば当時の気持ちを忘れてしまいそうになる。〈手作りのマスク並べてふと思う母縫いくれし戦後の足袋を〉内田久江。不安な中に人々の変わらぬ暮らしがあった。