自身の考え方をチャーミングに紹介するりゅうちぇるさん

 女性活躍推進に取り組む企業・団体を応援するキャンペーン「WOMAN Next 国際女性デーinぐんま2022」の一環で、タレントのryuchell(りゅうちぇる)さん(26)の協 賛社向けオンライン講演会が27日、群馬県前橋市の上毛新聞社上毛ホールで開かれ、画面を通じて、自分らしく生きる大切さや子育てに関する考え方を伝えた。

 りゅうちぇるさんは笑いを交えながら、軽快にトークを展開。テレビ番組に出始めた10代のころを振り返り、「コンプレックスがたくさんあったが、いつしか個性として愛せるようになった」と紹介。「自分のルーツをたどり、悩みのきっかけを探るのは大事」と話した。

 老若男女が活躍できる社会の実現については、「『理解できなくても認める』という価値観が広がり、互いの背景に寄り添えたときに初めて多様性が生まれると思う」と指摘した。

 りゅうちぇるさんは、妻のpeco(ぺこ)さん(26)とともに息子のリンク君(3)を育てる父親。働きながら家事や育児に取り組む夫婦のこつとして、①気付いた人がやる②役割分担をしない―を挙げた。「ママだから、パパだからではなく、一人の人間として取り組んでいる。幸せなことも大変なことも共有するのが夫婦」と語った。

 子育てに励む視聴者に対しては、「頑張りすぎず、趣味をするなどオフの時間を楽しんで、心や空間に余白をつくってほしい。その楽しさが子どもにも伝わる」とエールを送った。