美術作家の永井俊平さん(37)=中之条町=の個展「体を装う」が29日、高崎市問屋町のビエントアーツギャラリーで始まった。不織布を使用した独創的な作品10点を展示している=写真。2月28日まで。

 永井さんは中之条町に移住し、中之条ビエンナーレの運営スタッフをしながら創作を続けている。昨年4月から同町の地域おこし協力隊も務める。

 会場には不織布にろうを流して線などの模様を表した大作や、生きものを表現した作品が並ぶ。永井さんは「ろうが自然に広がっている様子を感じてほしい」と話している。

 午後0時半~同6時半。入場無料。火~金曜は休館。問い合わせは同ギャラリー(080-9542-5241)へ。