群馬県高崎市吉井地域の小中学生が応募した第25回多胡碑記念館吉井こども書道展で、上位入賞者への表彰状授与が30日、同市吉井町池の同館で行われた。最優秀賞の給羊賞に吉井西中2年の堀越那菜さん(14)=写真=が選ばれた。

 同地域の小学5年~中学2年生から673点の応募があった。子どもたちは多胡碑の碑文80字から4字を選んで書き、県書道協会員が審査した。新型コロナウイルス感染症の影響で表彰式は中止。上位入賞者10人を学校ごとに時間をずらして同館に招き、白石修館長が表彰状を手渡した。

 給羊賞の堀越さんは「受賞できうれしい。払いをきれいに書くなど、全体的にバランス良く書けた」と話した。

 同館では2月13日まで、全ての応募作品を展示している。午前9時半~午後5時。月曜休館。問い合わせは同館(☎027-387-4928)へ。