群馬県藤岡市内の飲食店を支援しようと、藤岡商工会議所青年部(横田敬司会長)は1日、市内の27店を対象にしたグルメ企画「F(FUJIOKA)―1グランプリ」を始めた。各店で指定メニューを購入した参加者の投票で優勝店舗を決める。28日まで。

 指定メニューを購入することでもらえるスタンプを2店分集めることで、何度でも投票に参加できる。投票券付きチラシと応募箱は参加店のほか、同会議所や市観光案内所、会遊亭、市鬼石商工会館に設置されている。

 投票者には、参加店舗で利用できる商品券(1000~3万円分)が抽選で当たる特典がある。写真共有アプリ「インスタグラム」に専用ハッシュタグを付けて投稿するフォトコンテストも同時開催している。

 青年部が取り組んでいる飲食店応援プロジェクト「藤岡エール飯」の一環として企画した。実行委員長の栗原大輔さんは「コロナ下の影響を受ける飲食店を盛り上げるため、多くの人に参加してもらえたら」と呼び掛けている。

 詳細は公式ホームページから。問い合わせは 同部(電話0274-22-1230)へ。