新進とやまうが共同製作した家庭科の副教材「日本の伝統的な食について」

 県内に製造拠点を持つ漬物製造販売の新進(東京都千代田区、籠島正雄社長)と、やまう(東京都目黒区、梅沢綱祐社長)は、漬物の認知度向上に向けた活動に協力して取り組む。食生活の変化に伴い漬物離れが進む状況に歯止めを掛けようと、普段は競合する両社が食育などで連携。第1弾として小学生向けの副教材を共同で製作し、群馬県や都内の小学校へ配布する。

 新進は前橋市に、やまうは明和町にそれぞれ製造拠点を置いている。

 両社によると、食の多様化や核家族化などの影響で漬物を日常的に食べる家庭が減っている。日本の食文化が失われることへの懸念から、食育に取り組むことにした。

 製作したのは小学5、6年生向けの家庭科副教材「日本の伝統的な食について」。漬物を添えた一汁三菜といった日本の食文化や伝統食について、イラストや写真を交えて分かりやすく紹介。全国各地の漬物のほか、世界の漬物や福神漬けの名前の由来、カレーに添えられるようになった歴史といった豆知識も載っている。

 B5判、12ページ。約1万部製作し、本県や都内の小学校計83校に無料配布する。希望する学校の児童には、両社の主力商品である福神漬けをセットにして送る。家庭で食べてもらい、より理解を深めてもらう狙いだ。

 両社は今後も漬物の魅力について連携して発信していく方針で、両社長がオンラインで会見。梅沢社長はカレーライスを福神漬けと一緒に食べる機会が減っていると指摘し、「まずはこの組み合わせを子どもたちに経験してもらいたい。時間をかけてでも伝えていきたい」と語った。籠島社長は「食の好みが固まる前の幼少期から漬物に親しんでもらうことが大切」と話した。