新規事業のPRで金融関係者らと意見を交わす事業者(右)

 太田市内の企業が業務内容をPRする第25回ビジネスプレス発表会(太田商工会議所主催)が2日、同市の同会議所会館で開かれた。新規事業を手掛ける4事業者が、商品やサービスの特徴や独自性をアピールした。

 エステティックサロンの「beautysalon Aglaea」(ビューティーサロンアグライア、高林東町)は、高齢者向けにむくみや肌の乾燥などをケアする「ビューティーケアセラピスト」の養成事業を紹介した。上州太田焼きそばが売りの大南食品(新井町)は、自社販売やキッチンカーを利用して販路を広げるとした。

 百貨店に伝統工芸品を出品している瞠安(どうあん)(飯塚町)は、コロナ禍で催事の中止が相次ぐ中、ギャラリーを設立して職人の作品に触れる機会をつくると発表。めんでる(東別所町)は最新の全自動製麺機を実演で紹介した。

 発表会は市内の中小企業の発掘と育成を目的に、2012年に始まった。