被害に遭ったコンビニを調べる捜査員=5日午前7時20分ごろ、伊勢崎市宮子町

 5日午前4時半ごろ、群馬県伊勢崎市宮子町のコンビニエンスストア「ファミリーマート伊勢崎宮子町店」で、客を装って来店した男3人がアルバイトの男性店員(57)に刃物を突き付けるなどして脅し、現金約5万円を奪って逃走した。うち1人は片言の日本語を使っていたという。伊勢崎署が強盗事件として捜査し、3人の行方を追っている。

 同署によると、入店後に1人がペットボトル飲料を購入するそぶりを見せたため、1人で店番をしていた店員が対応。レジを開けたところ、別の男がカウンター内に侵入し、果物ナイフのような刃物を顔の前に突き付けて片言で「動くな」と脅迫した。もう1人の男がレジ内の現金を奪うと、3人はいずれも走って逃げたという。

 店内に客はおらず、店員にけがはなかった。店員から非常ボタンで通報を受けた警備会社が110番通報した。

 男の身長は2人が約170センチ、1人が約180センチ。3人はいずれも黒いフード付きの上着、黒のズボン姿で白いマスクを着け、白いスニーカーを履いていた。 現場は県道駒形柴町線沿いで、近くに宮郷中や商業施設がある。

【こちらも】未明に路上強盗 電動カートの高齢女性からバッグ奪い逃走
【こちらも】女児襲撃犯と対峙 逮捕につなげた5人の協力