自動販売機でうどんやラーメンが終日食べられる群馬県みどり市東町花輪の丸美屋自販機コーナーがテレビ番組に取り上げられ、放映から1週間たっても自販機前に長い列ができている=写真

 45年ほど前、近くで小売店を営んでいた斎藤政雄さんが設置した。政雄さんは一昨年亡くなったが、娘の美由紀さんと夫の栄さんが営む「レストラン飛鳥」がうどん、そば、ラーメン、季節の野菜天ぷらなどを補充して販売を続けている。

 マスコミ取材を数多く受けてきた政雄さんは番組や記事をうれしそうに見て、翌日からの混雑に備えていたという。番組は1日に放送。美由紀さんは「今回は放映当日から問い合わせがあり、かつてない反響と混雑だ」と声を弾ませる。

 高崎市から来た女性は「自販機コーナーを見落として通り過ぎてしまった。道を聞いて引き返してきた」と笑いながら、うどんをすすっていた。

【こちらも】R122の“オアシス” 草木ドライブイン 苦境打開へCF募る
【こちらも】迷惑行為許さない 「心霊スポット」返上へ動画配信者らが神社で草刈り