群馬県の前橋地方気象台は12日、南岸低気圧や寒気の影響で13日夕方から14日にかけて県内の広い範囲で雪が降り、南部の平地でも大雪となる場所がある見込みだと発表した。大雪や路面凍結による交通障害、電線や樹木への着雪などに注意するよう呼び掛けている。

 同気象台によると、雪は13日夕方に降り始め、同日夜から14日未明ごろピークを迎える見込み。14日午後6時までの24時間降雪量は北部、南部とも多い所で山地10~20センチ、平地5~10センチと予想している。

 JR東日本高崎支社によると、県内各線は13日、平常通りの運転を予定しているが、雪の状況によっては「遅れや運休が出る可能性もある」としている。

 国土交通省関東地方整備局などは12日、不要不急の外出を避け、最新の気象情報や道路状況を確認したり、冬用タイヤやタイヤチェーンを装着したりするよう呼び掛けた。