群馬県前橋市は24日までに、「前橋刑務所のレンガ塀及び表門」=写真=など7件を、市景観資産に登録した。レンガ塀は「重厚感あるたたずまいで、周囲の景観と調和している」と評価された。

 ほかの6件は前橋カトリック教会聖堂、旧奈良製糸所生糸倉庫、牛込邸、「敷島公園ボート池から眺望する松林と赤城山」、「大渡橋から眺望する赤城山」、三夜沢赤城神社参道松並木。

 生糸倉庫は「絹産業の隆盛期をしのばせる迫力」、大渡橋からの眺望は「大空と雄大な赤城山、利根川を併せて眺めることができ、山紫水明というべき風景」とそれぞれ評価された。

 建物は所有者からの申請、風景は市民からの公募を受け、市景観審議会が審査した。市景観資産登録制度は2019年度に始まり、今回で31件となった。