新型コロナウイルス感染症で、群馬県と前橋、高崎両市は26日、新たに10歳未満~90代以上の男女711人の陽性が判明し、80代女性1人が死亡したと発表した。県内での感染確認は「みなし陽性」も含め、累計5万718人(うち245人死亡)となった。

 新たに5件のクラスター(感染者集団)の発生も発表された。発生場所と人数は以下の通り。

 ▽前橋市の医療機関(患者と職員の計6人)▽高崎市の保育施設(園児と職員の計23人)▽利根沼田保健所管内(沼田市、利根郡)の事業所(従業員20人)▽吾妻保健所管内(吾妻郡)の保育施設(職員と園児の計8人)▽館林保健所管内(館林市、邑楽郡)の医療機関(入院患者と職員の計10人)

【こちらも】《新型コロナ》群馬県内累計50,000人超す 新規陽性は775人、2人死亡
新型コロナ関連の記事はこちらのページから