前橋市のまちづくりについて意見交換するタウンミーティングが、28日、前橋市の前橋テルサで開かれた。前橋商工会議所会頭の曽我孝之さんやジンズホールディングスCEOの田中仁さん、市民らがパネリストとなり、「新しい『まちなか』への期待」をテーマに議論した=写真

 本年度で終了する中心市街地活性化基本計画の報告会も兼ねて実施。山本龍市長をファシリテーターに、曽我さんと田中さん、大学教授、商店街の理事長、カフェ店主、大学生ら市に関係する6人が意見を交わした。

 参加者からは「いろいろな店ができたことで歩いている人の層が変わってきた」「若者が街中で取り組みを始めている」などと変化を感じる声が寄せられた。再開発事業については、「計画されている新たな図書館をハブにすれば街が変貌する」などの意見もあった。