政府は1日、新型コロナウイルスワクチンについて、2月28日までに3回目を打った65歳以上の高齢者の割合(接種率)を都道府県別に公表した。各都道府県の高齢者人口に占める接種率が6割以上となったのは3県にとどまり、5割台は群馬県を含む23都県。高齢者全体で見ると、3回目を打ち終えたのは51.7%だった。重症化リスクの高い高齢者への接種は、政府想定より遅れているようだ。

 デジタル庁のワクチン接種記録システム(VRS)によると、接種率が最も高いのは岐阜県の67.0%。県担当者は「市町村に毎週進捗(しんちょく)状況を報告してもらい、遅れがあれば助言した」と話す。愛知県が63.1%、佐賀県が62.4%で続いた。秋田県や新潟県など雪が多い地域の接種率は低かった。

 群馬県は52.8%で、県ワクチン接種推進課は「高齢者は重症化リスクが高く、初期に接種を受けているので免疫も落ちている。市町村と連携して早期の3回目接種を実施していきたい」としている。

 政府は2月末までに高齢者約2893万人が接種すると見込んでいた。このうち打ったのは約1848万人で、接種率は63.9%。