群馬県邑楽館林地区で冬を過ごしたハクチョウが故郷のシベリアへ旅立つ「北帰行」が始まり、館林市と邑楽町にまたがる多々良沼では数羽ずつ連なって飛び立つ姿を見ることができる=写真

 多々良沼白鳥を守る会(上野秀雄会長)によると、今年の北帰行は冷え込みの影響で例年より遅い2月末から始まった。暖かい日が続けば、今週末にもピークを迎えるという。