土木工事業の堀越組(伊勢崎市柴町、堀越宏代表)と同社の資産を管理するエイチ・ジーワークス(同)が前橋地裁から破産手続き開始決定を受けたことが2日、分かった。2月21日付。帝国データバンク群馬支店によると、負債額は計約3億8600万円。

 堀越組は1974年に創業した。県や同市など官公庁からの元請けを主体に道路改良工事や排水路築造を手掛け、民間企業から建築や解体工事を請け負うこともあった。地元に密着して営業地盤を固めたが、近年は競争激化によって受注できないケースも増えて売り上げが低迷。資金繰りが悪化し、2021年11月末までに事業を停止していた。