新型コロナウイルス感染症対策で、政府にまん延防止等重点措置の延長を要請したことについて、山本一太群馬県知事は3日の定例会見で、「非常に難しい判断だった。専用病床の使用率がまだ高く、ワクチンの追加接種が進んでいないことなどから、医療への負荷が続いている。ここでしっかり感染を抑え込む必要がある」と述べ、県民や事業者に理解を求めた。