ロシア軍は4日、ウクライナ南部にある欧州最大級のザポロジエ原発を砲撃し、制圧した。同国の原子力当局が発表した。研修施設で火災が起き、1号機の関連施設が損傷したが安全性には問題なく、周辺の放射線量に異常はないとした。原発は一部が運転中だった。稼働原発への軍事攻撃は史上初。原発企業によると、ウクライナ兵3人が死亡、2人が負傷した。

 ウクライナとロシアの代表団は3日、ベラルーシで再び交渉したが停戦合意に至らなかった。戦闘地域から一般市民が安全に退避できるよう「人道回廊」を設置し、付近で交戦を一時停止する方針では一致した。ロシア側に包囲され、砲撃で多数が死傷している南東部マリウポリでの実施が模索されている。次回交渉は来週初めに開く方向。

 原発砲撃は1986年のチェルノブイリ原発事故を上回る大惨事になりかねず、国際社会が非難。原発は職員が安全基準に従って管理しているという。

 ザポロジエ原発はウクライナ最大の出力を誇り、総電力の約2割を担う。6基ある原子炉のうち1号機は運転を停止していたが、4号機は運転中。残る4基は停止に向け冷却作業を進めていた。ロシアは重要インフラを手中に収めることでウクライナへの圧力を強め、非武装化などの要求をのませる狙いとみられる。

 国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は4日、深刻な危険が生じるとして攻撃停止を訴えた。バイデン米大統領はウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談。両者はロシアに軍事行動をやめるよう求めた。

 ウクライナ側によると、中部ジトーミルでは4日、学校がロシア軍のミサイル攻撃を受け建物の半分が崩壊。首都キエフ北東側のチェルニヒウ州では3日に住宅地が空爆され47人が死亡した。

 ロシアのプーチン大統領は3日に開いた安全保障会議で、軍事作戦は計画通りに進んでおり「全ての課題を達成しつつある」と自信を示した。

 米国防総省によると、キエフ周辺のロシア軍は、最も近い部隊でキエフの北約25キロにとどまっている。