サッカー明治安田J2は6日、各地で第3節を行い、ザスパクサツ群馬(1勝1分け)は仙台市のユアテックスタジアム仙台で仙台(1勝1分け)と対戦する。今季初のアウェー戦。J1からの降格チームが相手だが、粘り強い守りからゴールを狙う。

 仙台は密集地でも短いパスで打開し、突破する力がある。ミドルシュートも積極的に狙い、前節の水戸戦では3ー2で逆転勝ちを収めた。新加入のFW中山仁斗は2季連続で2桁得点を挙げており、注意が必要だ。

 ザスパは前節、金沢の猛攻を耐え抜き、引き分けに持ち込んだ。連動した守備は機能していたが、攻撃は好機に決めきれず、課題が残った。

 3日に行ったゲーム形式の練習では、前橋育英高卒のルーキー、DF岡本一真と同高出身で早大卒のMF田部井悠が右サイドでコンビを組んだ。

 練習を優先し、卒業式を欠席した岡本は「初めて組んだが、やりやすかった。卒業の実感はまだ薄いが、プロとしてチームが苦しいときに走り、助けられるような選手になりたい」と初のメンバー入りを目指す。