ひな人形を供養するおたき上げが5日、前橋市のカネコ種苗ぐんまフラワーパークに隣接する花と緑の学習館で開かれた。同園の呼び掛けで集まった約300体が供養された=写真

 近くの稲荷神社の宮司、杉下建樹さん(73)が祝詞奏上(そうじょう)や玉串奉てんなどの神事を厳かに執り行った。子どもたちの健やかな成長を見守ってきた人形に火が入れられると、訪れた人たちは勢い良く燃え上がる炎を感慨深そうに眺めた。

 娘のひな人形が供養される様子を夫婦で見守った本舘ミツイさん(74)=同市上泉町=は「丁寧に供養してくれて大変ありがたい。(人形には)今まで娘を守ってくれた感謝の気持ちでいっぱい」と話していた。

 同園で21日まで開催している「桃源まつり」の一環で行われた。