女子滑降座位で金メダルを獲得し、大会マスコットを手に笑顔の村岡桃佳=延慶(共同)

 北京冬季パラリンピック第2日の5日、競技が始まり、アルペンスキー滑降の女子座位で日本選手団主将の村岡桃佳(25)=トヨタ自動車=が金メダルに輝いた。前回平昌大会の大回転に続く自身2個目の「金」で、今大会の日本勢メダル第1号。2大会連続で全5種目の表彰台を狙うエースが最高の形で滑り出した。

 同男子座位では森井大輝(41)=トヨタ自動車=が3位に入り、2006年トリノ大会から5大会連続でメダルを獲得した。14年ソチ大会2冠の狩野亮(35)=マルハン=は7位。女子立位は本堂杏実(25)=コーセー=の6位が最高だった。

 今大会にはウクライナ侵攻を受け排除されたロシアとベラルーシを除く46カ国・地域から約560選手が参加。ウクライナ勢は最多3個の金メダルを獲得し、競技初日から活躍が目立った。

 スキー距離と射撃で争うバイアスロン6キロの日本勢は、男子立位の佐藤圭一(42)=セールスフォース・ジャパン=が11位、女子立位で5大会連続出場の出来島桃子(47)=新発田市役所=が14位だった。

 13日の閉幕まで6競技78種目でメダルが争われる。

ベストの滑りできた 村岡桃佳の話

 うれしさと安心感でいっぱい。公式練習で1番(のタイム)だったので、どうしても金メダルを取りたいという気持ちがあった。大きなミスなく、今できる自分のベストの滑りができた。攻めた結果だと思う。