店主おすすめのひれかつ定食

 店主は都内の人気とんかつ店「とんかつ成蔵」で修業し、高田馬場店で2年店長を務めた伊勢崎市出身の小高昌弘さん(46)。県内にUターンし、昨年11月に開業した。特注の生パン粉とラードを使用した「白いとんかつ」が看板商品だ。

 約120度の低温でじっくり揚げるのがこだわり。熱伝導率の高い銅鍋を使うため、均等に火が入るのもポイント。

 定番メニューはひれかつ定食(3枚1420円、2枚1300円)とロースかつ定食(1540円)。ご飯と豚汁、キャベツの千切りが付く。小高さんは、かつに塩を振る食べ方を勧める。衣の柔らかさをより感じることができるという。

 サラリーマンの利用者が多かった修業先に比べ、かつひろは郊外型の店舗。「ゆったり落ち着いて味わってほしい」と呼び掛けている。

▽営業
 11時半~14時半、18時~21時半
▽定休日
 火曜
▽これもお薦め
 若鶏ささみカツ、カキフライ(季節限定)

揚げもの処 かつひろ(前橋市青柳町)
☎027-230-1455