新型コロナウイルス感染症で、群馬県と前橋、高崎両市は8日、新たに10歳未満~90歳以上の647人の陽性が判明し、いずれも医療機関に入院していた70~80代の計5人が死亡したと発表した。県内の感染確認は、「みなし陽性」も含め累計5万6584人(うち264人死亡)となった。

 新たに発表されたクラスター(感染者集団)は太田市内の高齢者福祉施設(入所者と職員計7人)の1件だった。