育英大、育英短大(ともに石井学学長)の学位記授与式が10日、高崎市の同大で開かれた。育英大1期生の児童教育専攻とスポーツ教育専攻、育英短大の保育学科と現代コミュニケーション学科の計318人が社会への一歩を踏み出した。

 石井学長は式辞で「大学は第1回卒業生を送り出すこととなり、設置に携わった一同として感動を覚える」とした上で、「新たな時代を築く原動力となることを期待する」と激励した。

 卒業生を代表して現代コミュニケーション学科の原田舞子さん=写真=と児童教育専攻の中村里紗さんが謝辞を述べた。