県高等歯科衛生士学院(前橋市、村山利之学院長)の卒業式が15日、同市のロイヤルチェスター前橋で開かれ、第51期生40人が巣立った。

 村山学院長は「人々の幸せのために研さんを重ねていってください」と式辞。卒業生を代表し、岡部茜さん(21)は両親らへの感謝の言葉を述べるとともに、「信頼される立派な歯科衛生士になることが恩返しになると信じ、精進していきます」と誓った=写真

 優秀な成績を収めた生徒らの表彰式も行われた。保護者の参加人数を制限するなど、新型コロナウイルス感染症対策をして開催した。