ロシアによる軍事侵攻への抗議と、ウクライナの平和を祈るため、桐生市は16日、美喜仁桐生文化会館(市民文化会館)をウクライナの国旗にちなんだ青と黄色にライトアップした=写真。休館日の火曜を除き約1カ月間、日没後から2時間程度点灯する。

 市は、核兵器のない世界平和を実現することを願い、平和都市宣言をしている。同国からの避難民受け入れに備えて市営住宅に空き部屋6戸分を確保したほか、日本赤十字社が行う救援金の受け付けに協力している。

 荒木恵司市長は「世界平和と国際社会の中で、ウクライナの皆さまが平和で安全安心な生活を送れるよう、強く望んでいる」とコメントを出した。