4月の開通に向け、片品村と栃木県日光市をつなぐ金精道路(国道120号)の除雪作業が進められている。 

  今シーズンは降雪が多く、今月11日の除雪作業開始時点の積雪量は平年の1 ・8倍で、深いところで3・6メートルだった。

 17日には県沼田土木事務所がロータリー車で、路面に厚く積もった雪を取り除いていた。開通日は4月25日で調整している。

【動画再生できない方はこちら】https://youtu.be/jikPFzZ74Pc