21日に適用期限を迎える新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置について、政府は17日、群馬県を含む18都道府県で全面解除することを正式に決めた。

 適用されていない状態に戻るのは群馬県では2カ月ぶりで、県による飲食店などへの営業時間短縮要請も解除される。ただ、感染の第6波は収まり切れていないとみて、県は同日、独自に設定している警戒レベルを4月8日まで、「2」で維持することを明らかにした。

 県は、大人数での会食や飲み会については慎重な判断を求め、開く場合は1テーブル4人以下を基本とすることを呼び掛ける。

 感染リスクの高い場所の利用や県外移動、施設・病院での面会には「十分な注意」を要請する。学校の部活動は通常の活動を認めるが、県外試合や宿泊は自粛を求める。

 17日の定例会見で、山本一太群馬県知事は「第6波はまだ収束しておらず、このまま次の感染リバウンド期に入る可能性も否定できない」と指摘。県民に引き続き感染症対策の徹底と、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を呼び掛けた。

 県内の医療提供体制を巡っては、同日時点でコロナ対応の病床使用率が40.4%、重症病床使用率が10.8%と低下傾向にある。

 一方、新規感染者数は17日までの1週間が4396人で、前週(3~10日)の4123人から増加した。県は、「ピークアウトのペースが遅い」(山本知事)ことから、感染再拡大の抑制を目指して警戒レベルを2に維持した。この間に3回目接種が進んでいない世代での接種を促進させ、感染抑制を目指す。

 県の観光支援事業「愛郷ぐんまプロジェクト」について、山本知事は「感染や追加接種の状況なども見極め、可能な限り早期に再開させたい」とした。隣接県や地域ブロック単位での実施についても「国の方針も踏まえ、地域経済の早期回復に向けた取り組みを進めたい」とした。