「甘味処鎌倉」の富岡製糸場前店で販売される「わらびもちドリンク」

 浅草など国内の観光地にフランチャイズ(FC)展開するわらび餅専門店「甘味処鎌倉」が18日、群馬県富岡市の世界文化遺産、富岡製糸場前にオープンした。製糸場の来場者数が低迷する中、幅広い世代から支持される飲食店の群馬県初出店を、地元関係者も歓迎する。

 呉服販売などを手掛けるいせや呉服店(埼玉県深谷市、土屋亮太社長)が、「甘味処鎌倉」本部のK&S(新潟市)とFC契約を結んで出店する。

 店舗面積は57平方メートルで12席。コロナ対策のため、当面はテークアウト営業のみ。主力商品は「鎌倉わらびもち」で、わらび餅入りの「わらびもちドリンク」なども販売する。

 製糸場周辺の物件を管理する地元の不動産業者は「コロナで観光客が減る中、町のにぎわいにつながれば」と相乗効果にも期待する。

 年中無休。午前10時~午後5時。18~20日は正午に開店し、オープン記念セールを実施する。問い合わせは同店(電話0274-67-1137)へ。

【続報】祝休日には長蛇の列 わらび餅専門店

【こちらも】桐生に人気の食パン店 「みるく」県内1号店 29日にオープン
【こちらも】県産牛乳使い食パン 洋麺亭、高崎に新業態の専門店