富岡市上黒岩の富岡北部運動公園(もみじ平総合公園)にあるガス灯4基に、約15年ぶりに明かりが灯った=写真

 4基はそれぞれ高さ3メートル。公園内にある陸橋の完成に合わせて、2001年に橋の四隅に設けられた。

 世界文化遺産、富岡製糸場(同市)の開業当時を連想させるデザインから市民に親しまれていたが、故障などで07年から使われなくなっていた。

 再点灯に際して、市内で都市ガス事業を展開する堀川産業(埼玉県)の社名入りのプレートを、陸橋近くに置いた。同社は広告料を支払うなどする。

 修理費約20万円と、日没から午後10時までの点灯で月6000円ほどかかる燃料代は市が負担する。