「板倉町を知らない人にも魅力を伝えたい」と語る早川さん

 群馬県板倉町のPR大使を務め、現在公開中のシティプロモーション動画に出演している。高校時代から都内を拠点にモデルやタレントとして芸能界で活動。上京して働く中で気付いた地元の魅力を、町を知らない多くの人に伝えたいと考えている。

>>シリーズ「ひと」の他の記事はこちらから

 小学生の頃からモデルの仕事に憧れ、早くから気持ちは町外へ向いていた。館林女子高2年のとき、都内でスカウトされて芸能事務所に入った。これまで有名ファストフード店や美容メーカーの商品コマーシャルに出演したり、インターネット番組のアシスタントを務めたりするなど幅広く活動してきた。

 1人暮らしを始め、仕事に無我夢中だった20代前半。帰省したとき、新鮮な野菜やおいしい水、開放感のある空は特別なものだと気付いた。地元には何もないと思っていたけれど、違った。「深呼吸するだけで落ち着く場所。ふらっと電車で帰ってこられる距離で良かった」と笑う。

 町に恩返しできる機会と考え、動画出演のオファーを受けた。取り上げるスポットも若者目線で積極的に意見を出した。完成した動画では、桜並木や菜の花畑を歩き、国指定重要文化財の末社などがある雷電神社やおしゃれなカフェを紹介している。

 現在は都内で生活しながら定期的に帰省していて、将来は2拠点生活も視野に入れる。地元を離れてから、少子高齢化など町の変化も肌で感じている。「外に出た私だから気づく魅力があるはず。町のために今できることを考えたい」。今後も地域を盛り上げる活動に関わっていくつもりだ。