甲子園で完全試合の偉業を成し遂げた前橋の松本さん
伝説のスラッガーとして県民の記憶に残る桐生の阿久沢さん

 高校野球。どの県にも、県民の記憶に残る名勝負がある。紫紺や深紅の大優勝旗を初めて持ち帰った大会。史上初の完全試合達成や、高校時代から「怪物」と呼ばれた栃木・作新学院の江川卓さん。3県には、県民が誇りとする甲子園のドラマがある。

 群馬県民に語り継がれる伝説のスラッガーがいる。1978年の第50回選抜高校野球大会に出場した名門、桐生の阿久沢毅さん。一塁手だった阿久沢さんはこの年、大会史に残る記録をつくった。20年ぶりに、王貞治さんに続き4人目となる2試合連続本塁打を放った。


 上毛新聞が高校野球の全国大会創設100年に合わせて2015年に行った読者アンケートでは、名打者部門で1位。豪快な打撃が、今なお高校野球ファンの記憶に刻まれている。桐生はこの大会で左腕エースの木暮洋さんらの活躍もあり、4強入りを果たした。


 阿久沢さんは卒業後、いくつものプロ球団から誘いを受けたが、すべて断って地元の群馬大に進学。本県の高校教諭となった。現在勢多農で野球部監督を務めている。
 78年選抜は県勢初の2校出場を果たした大会。もう1校の前橋にも伝説をつくった選手がいる。滋賀・比叡山を相手に春、夏の甲子園で初の快挙となる完全試合を達成した、投手の松本稔さん(現中央中等監督)だ。奪三振5、内野ゴロ17、内野フライ2、外野フライ3。投球数わずか78球で勝負を決めた。