コルスンスキー駐日大使に義援金の目録を手渡す井田議長(左)

 ロシアによる侵攻が続くウクライナを支援するため、県議会は28日、東京都港区の在日ウクライナ大使館に対して、全県議47人から募った義援金計50万円を寄付した。

 代表して大使館を訪れた井田泉議長はコルスンスキー駐日大使と面会し、「ウクライナの惨状を目の当たりにし、日本人も心を痛めている。ぜひ役立ててほしい」と目録を手渡した。

 コルスンスキー駐日大使は「日本人の心の温かさを感じている」と支援に感謝し、「避難者が群馬に行くことになったら、さらなる支援、協力をお願いしたい」と要望した。