群馬県産イチゴのやよいひめをふんだんに使った「やよいひめのいちごサンド」=写真=が29日、コンビニ大手のセブンーイレブン・ジャパン(東京都)から発売された。県内や埼玉県北部の約630店舗で順次売り出され、5月上旬ごろまでの期間限定で販売される。

 同社と、女性の視点で県産農畜産物のブランド化を考える「ひめラボ」が毎年やよいひめを使った商品を開発し、3~5月に発売している。7年目の今年は昨年に続きサンドイッチを開発した。

 大粒のやよいひめを4粒使い、強い甘みが引き立つようクリームの量を調整するなど改良した。カスタードクリームやバニラにもこだわった。価格は429円。