群馬県内の高校を卒業した女子大学生を中心につくるミュージカル劇団「アラムニーエース」(新井ぴの子座長)の公演「アイーダ」が2日、伊勢崎市境総合文化センターで始まった。メンバー14人が情感豊かな演技で来場者を楽しませた=写真

 劇団は昨年、「アラムニー」から「アラムニーエース」に改称して新たなスタートを切った。「ミュージカルを通し、青春が輝き続ける可能性を伝えたい」をモットーに舞台に上がる。アイーダは5月までに、伊勢崎、太田、前橋の3市で計6回公演予定。