▼数年前、自転車通勤を思い立ち、ある程度スピードが出せて、安定感もあるクロスバイクと呼ばれるタイプを購入した。その自転車に不満はないが、山や未舗装路を走れるマウンテンバイクに憧れており、「いつかは乗りたい」と思っている

 ▼マウンテンバイクは五輪の正式種目に採用されている。昨年の東京大会に本県の今井美穂さんが出場した。完走はできなかったものの、小学校教諭を続けながら大舞台を力走する姿に、県民が声援を送った

 ▼東京大会の会場は静岡県伊豆市のオフロードコース。2019年のプレレースでお披露目されたコースは難易度が高く、世界のトップ選手のほとんどが手を焼いた。今井さんも例外ではなく、成績は35位だった

 ▼結果だけ見れば惨敗だが、落ち込むことはなかった。「まったく走れなかったけれど、本番までにやるべきことが明確になったから」。過日、前橋市内で開かれた画家・ましもゆきさんとの対談で、こう振り返った

 ▼新しいことに挑戦してうまくいかなかったり、手痛い失敗を喫したことは誰にでもあるだろう。だが、失敗は貴重な経験だ。前向きに捉え、次に生かせばいい

 ▼新年度が始まった。就職や進学など新しいステージに踏み出した人は多いはず。そこで、思い描いた通りに物事が進まないと感じることがあるかもしれない。でも、全ては経験。焦ることなく、一歩一歩進んでほしい。