夜桜と蒸気機関車(SL)の共演を楽しめる「横川ナイトパーク」が4日まで、安中市の碓氷峠鉄道文化むらで開かれている。ピンクや青など七色にライトアップされた夜桜と、SLのD51形や189系「特急あさま号」を写真に収めようと、多くの来場者が訪れている=写真

 ナイトパークは昨春から定期的に開催。展示車両のヘッドライトや室内灯が点灯され、現役時代のような夜行列車の姿が撮影できるイベントとして人気となっている。初日の2日にはJR東日本の臨時列車「DL/EL横川ナイトパーク」が高崎―横川駅間で運行され、県内外の観光客が多く来場した。

 4日も碓氷峠越えで活躍した電気機関車EF63形の特別走行を実施する。