館林産のカルピスと卵を使ったプリン

 群馬県館林市文化会館内でカフェ「KANRIN CAFE」を運営するニューミヤコホテル(栃木県足利市、小幡英樹社長)は、館林市産のカルピスと卵を使ったプリンを作り、カフェ内で提供した。好評だったため、月内に店頭販売する。

 館林市に工場を置くアサヒ飲料の乳酸菌飲料、カルピスを使ったゼリーを、大久保養鶏場(同市花山町)の卵を使ったプリンに乗せた。カフェ内で手作りし、卵形の容器に入れ3月下旬から期間限定でランチメニューのサービスとして提供した。「カルピスの甘酸っぱさと卵の濃厚さが好評だった」(中里裕一館林営業部長)ことから、一般販売を決めた。 

  1個350円(税込み)を予定している。日、月曜定休。問い合わせは同カフェ(電話0276・50・1541)へ。