開幕を前に守備練習で動きを確認する上武大ナイン

 関甲新学生野球春季リーグ1部は9日に開幕し、4季連続優勝を狙う上武大は伊勢崎市の同大野球場で午前10時から新潟大と初戦を戦う。昨年は全日本選手権(6月)で4強入りしたが、秋の関東地区選手権(11月)は準決勝で敗退し、明治神宮大会出場はならなかった。4番を担ったブライト健太(中日)が抜けたものの、実戦経験の豊富なメンバーが残り攻守のバランスが良い。全員野球で頂点を目指す。

 投手陣はバラエティーに富む。今秋のドラフト候補にも挙がる本格派右腕、加藤泰靖主将(4年)は...