「群馬で就職を」都内で企業PR 1~2月セミナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京都内の学生にUターンやIターンで本県に就職してもらおうと、県は1~2月、都内で5回にわたり意見交換会「群馬の企業を知るセミナー」を開く。県内企業の担当者が事業概要や県内業界動向などを説明。就職活動を控える学生の業界研究を支援し、県内への就職につなげる。

 県労働政策課の推計によると、県内高校から首都圏や中京、関西に進学して2018年春に卒業した学生のUターン就職率(3月末現在)は前年比3ポイント減の30%にとどまる。セミナーは、県内企業の先進的な技術や社風といった魅力を伝えることで、こうした企業を就活の選択肢に加えてもらうのが狙い。

 対象は20年3月卒業予定の大学、短大、専門学校の学生らを想定するが、他の学年でも参加できる。各回とも業種の異なる4社の担当者と少人数で意見交換する。

 各回とも定員は先着15人。時間は午後1時~同4時。会場は東京・有楽町のLEAGU(リーグ)E有楽町。問い合わせはジョブカフェぐんま(☎027・330・4510)へ。


 日程と参加企業は次の通り。  ▽1月12日 関東運輸、群馬ヤクルト販売、東亜工業、マチダコーポレーション▽2月2日 RP東プラ、佐田建設、ジーシーシー、太陽誘電▽同7日 キーテクノロジー、サンデンホールディングス、明星電気、両毛システムズ▽同9日 桐生信用金庫、沢藤電機、高崎共同計算センター、メモリード▽同21日 群栄化学工業、坂本工業、しののめ信用金庫、日本運輸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事