都内で本県活性化策 ジモト・プロジェクト初会合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
交流会で群馬を盛り上げる方法について話す参加者

 本県とつながりのある人を増やし、群馬を盛り上げるための「Gmo(ジモト)to Proje(プロジェクト)ct」の初会合が19日、都内で開かれ、若者を中心とした参加者約60人が交流を深めながら、群馬を活性化するための方策を話し合った。

 会合で主催者の小圷(こあくつ)琢己さん(25)=高崎市=が「群馬は東京から近く、週末を使って(やりたいことを)表現できる場所」とアピールし、「群馬の黒船になってほしい」と呼び掛けた。参加者のうち10組が「群馬の困り事」「群馬でやりたいこと」をテーマにスピーチ。交流会も開かれ、参加者がグラスを片手に話し込んだ。

 ジモト・プロジェクトは今後、月1回程度、都内や県内で会合を開き、本県を活性化するための企画について考えていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事