10人が創業プラン 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
発表内容に耳を傾ける参加者

 県内各地で開かれている創業塾などに参加する受講者らが一堂に会した「創業プラン発表会」(県主催)が13日、前橋市の群馬産業技術センターで開かれた。事業展開している10人が、自社の取り組みや創業の狙いなどを紹介した。
 太田市で介護事業を展開する「HAPPINESS KEY(ハピネス・キー)」の関口慶輔社長は、利用者に合わせて背もたれなどが変えられる車椅子を開発。「レンタルだけれどオーダーメードのような車椅子」と説明した。
 このほか、生パスタ製造や気功教室などを手掛ける事業者の発表もあった。
 各地の商工会議所関係者や企業経営者、創業希望者ら約100人が参加した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事