89社、学生にアピール 前橋で中小合同企業説明会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
企業担当者の説明を熱心に聞く学生

 県中小企業団体中央会は30日、前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で合同企業説明会を開いた。深刻な人手不足が広がる中、県内89社が約170人の学生にアピールした。

 県内に本社または事業所を持つ製造、小売り、サービス業など幅広い業種が参加した。近年の売り手市場が影響しているとみられ、比較的事業規模の大きな企業もブースを設け、訪れた学生に事業内容や福利厚生の制度をPRした。

 参加したサービス業の担当者は「今年の採用目標人数にまだ達していない。当社の力になってくれる意欲ある人材をとりたい」と話した。

 一方、学生も積極的に活動している。新潟市出身で東京福祉大4年の渡辺大智さん(伊勢崎市)は「公務員試験のため、就職活動に出遅れてしまい焦りがある。群馬での就職も検討しているので、なるべく多くの企業を回りたい」と真剣だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事