起業支援の新拠点 相談や貸しオフィス整備 テラス沼田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沼田市内の商工団体や金融機関などでつくる協議会は、5月7日に供用開始となる同市の新市庁舎「テラス沼田」に、市内での起業や新事業展開を後押しする拠点を整備する。「創業支援センター」を新たに開設し、市内で新事業に取り組む個人や団体を対象とした貸しオフィスを設置する。
 創業支援センターは、創業や事業承継を目指す人からの相談を受け付けたり、経営支援セミナーを開催したりして市内の産業振興につなげる。
 貸しオフィスは、利用期間は原則3年以内。その後も市内で引き続き事業を行う個人や団体を想定し、オフィス使用開始から3年以内に創業予定、または創業から3年以内を利用対象とする。
 利用者には事務机や椅子も貸し出し、会議室の使用と駐車場1台分を無料とする。料金は月額1万3千円~1万5千円(税抜き、電気代別)。貸しオフィスの受け付けは5月31日まで。面接などを経て、6月20日から入居を始める。
 いずれも沼田市創業支援センター運営協議会が運営する。会社経営のノウハウを実践的に学ぶ市主催の事業「ぬまた起業塾」と連携し、塾生や卒塾生のサポートも行う。
 問い合わせは同センター運営協議会事務局(☎0278・23・2111)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事