優秀プラン3社表彰 ぐんぎんビジネスサポート大賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
優秀賞を受賞し表彰される(左から)堀口社長、阪口社長、大川社長

 優れたビジネスプランを表彰し事業化を支援する「ぐんぎんビジネスサポート大賞」の表彰式が24日、高崎市内のホテルで開かれた。応募340件の中から優秀賞にはIsaac(アイセック、桐生市梅田町、大川功社長)、LOOKTEC(ルックテック、太田市西新町、堀口勤社長)、クーロン(東京都日野市、阪口茂社長)が選ばれた。
 アイセックは産業廃棄物などを微粉砕し新素材へ再生する装置を、ルックテックは光センサーを使い採血せず体内の糖濃度を測定する機器をそれぞれ開発。クーロンはドライアイスを使わない遺体保存庫を作った。それぞれに100万円が贈られた。
 同大賞は、群馬銀行(前橋市元総社町、斎藤一雄頭取)が主催し6回目。累計応募数は1915件で、約6割が事業化している。斎藤頭取は「地域経済の成長、発展を担うモデル。全面的に支援したい」とたたえた。交流会も開かれ、受賞者らが事業展開などについて意見を交わした。
 優秀賞以外の受賞者は次の通り(敬称略)。
 ▽奨励賞 グッドアイ(桐生市)ナリヒラ(高崎市)PureNext(中之条町)ビューティインキュベーション(埼玉県本庄市)茂木食品工業(下仁田町)▽努力賞 ARIGATOCOMPANY(高崎市)エピテみやび(甘楽町)技術開発コンサルタント(埼玉県深谷市)桐生再生(桐生市)近藤信一(藤岡市)橋本誠司(桐生市)マウンテンディアー(太田市)▽敢闘賞 佐山敏雄(埼玉県深谷市)竹之内組(高崎市)フェローズジャパン(前橋市)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事