女性の創業に助言 桐生でセミナー 店主らトーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性の創業について語る(左から)奈良さん、丹羽さん、栗崎さん

女性向けの創業セミナー「ガールズ創業カフェ」(群馬県信用保証協会主催)が22日、群馬県桐生市内のハワイ料理店「ラウレア」で開かれた。同店経営者の丹羽貴映子さん(60)らが創業経験に基づいて、一歩踏み出す勇気の大切さを語った。

 第1部の「創業トーク」は、丹羽さんと、今年2月にみどり市で「靴修理Ray(レイ)」を開店した栗崎直美さん(40)が出演し、エフエム群馬番組パーソナリティーの奈良のりえさんが司会を務めた。

 丹羽さんはハワイが好きで「桐生の街に新しい風を入れ、活気づけたい」と昨年春にラウレアを開店。「準備が全て整うのを待つのではなく、創業してからお客の声を聞いて店を発展させている」という。

 栗崎さんは近所の靴修理店が閉店したことと、好条件の店舗があったことで「チャンス」と思い創業を決断。現在は残業の毎日だが、開店当初はお客が少なかったため「これから創業する人は、開店当初の売り上げ見通しを厳しく設定しておくべき」と助言した。

 税理士・中小企業診断士の田子宏美さんの講演、フラダンスとギターの鑑賞、食事会も行われた。

 協会の女性職員による女性創業応援チーム「シルキークレイン」が企画した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事