「笑顔忘れず接客」 観光団体が合同入社式 草津温泉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
合同入社式で決意表明する新入社員

 草津温泉観光協会など六つの観光団体は、草津町の草津音楽の森国際コンサートホールで合同入社式「来草歓迎式」を開いた。町内の旅館やホテルに就職した60人が出席。新入社員の代表者10人が「どんな時でも笑顔を忘れず接客したい」「お客さまに寄り添った対応を心掛ける」などと決意表明した。
 同観光協会の中沢敬会長は「人との出会いを大切にしてほしい。自分を大切にし、地域と企業を思い、草津での生活を謳歌(おうか)してほしい」とあいさつ。新入社員を代表してホテル一井の菊地麻里那さん(20)=福島県出身=が「より多くのお客さまにお越しいただけるように、日々の業務にまい進する。また来たいと思えるようなおもてなしをしていきたい」と謝辞を述べた。
 町内で就職した新入社員に町や職場へ定着してもらおうと、3年前から実施している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事