村唯一のパン工房 創業塾卒業の加藤さん開業 昭和
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さまざまなパンが並ぶ工房

 パン工房「小麦工房なっちゃん」(昭和村糸井)が9日、開業する。2018年に同村創業塾を卒業した加藤夏美さん(30)が経営する店舗で、卒業生の開業は初めて。村内唯一のパン工房として、店頭のほか、村内の道の駅などでも商品を販売する。
 ソフトフランス生地にシソとベーコンを包んで焼いた「しそベーコン」や、手作りみそだれを使った「みそパン」などを取り扱う。トーストをしなくてもおいしく食べられる「もっちり食パン」「しっとり食パン」も販売する。
 加藤さんはパン店勤務の経験を生かし、開業を目指して入塾。「経営に必要なことを学び、漠然としたものが明確になった。現実的に考えられた」と話す。今後は地元野菜を積極的に使った商品作りに取り組みながら、お菓子作りにも挑戦していくという。
 営業は午前9時~午後6時。木曜定休。道の駅あぐりーむなどで先行販売もしている。問い合わせは同店(☎0278・25・8186)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事