就活の心構え 高経大生が学ぶ 都内で相談会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「OBやOGを使ってほしい」と話す関口さん

 東京圏の高崎経済大の卒業生でつくる東京三扇会(長尾裕会長)は、都内のホテルで就職活動を控えた学生向けの就職相談会を開き、3年生約70人がセミナーや個別相談会を通じて就職への心構えや業界研究の方法を学んだ。

 セミナーではリクルーターもする清水建設営業部の関口史人さんが就職に向けた心構えからエントリーシートの書き方まで説明。「挑戦」と「周到な準備」の大切さを強調し、準備のためにはOB、OGに会って「本当の情報」を手に入れることが重要と指摘した。

 個別の相談会では金融や自動車、運輸など幅広い業界で活躍する卒業生13人が相談員を担当。学生は5人一組に分かれ、業界ごとの就職活動事情を聴いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
関連記事